トップ >任意売却についてのコラム >任意売却してもローンが残った時の解決法
任意売却してもローンが残った時の解決法

任意売却後にローンが残っているとどうなるの?

任意売却というのは、住宅ローンの支払いができなくなり、滞納するようになった場合に行うものです。
似たものに競売がありますが、これらは全く異なります。
任意売却をすることによってローンを完済できることもあれば、まだ残債が残ることもあるでしょう。
ローンの残債の支払い方法については実際に任意売却を行う前に話し合うことになるでしょう。
支払いのペースについてですが、ローンの返済が難しくて任意売却をしたわけですから、無理なペースを求められることはまずないと思われます。
住宅の購入金額よりも売却価格が上回ることは基本的にはないでしょうから、住宅ローンを組んでからあまり期間が経過していないと残債も多いです。
そんな時には1000万円以上が住宅ローンの残債として残ってしまいますが、結局のところ交渉次第では月々の返済金額は変わってきます。
債権者側と話し合いをして月々の支払い金額を決めることになるのですが、優秀な任意売却専門業者に仲介してもらうのがベストでしょう。
任意売却を専門に扱っていると、相場もわかっていますし、交渉術もかなりのものが期待できます。
現実的に支払っていけるような金額に落ち着くでしょう。任意売却が適している方とは

任意売却した後にローンが残った時の解決法とは

住宅ローンを利用して住宅を購入し、支払いが難しくなると、比較的厳しく催促や取り立てが行われます。
結局支払っていけずに任意売却をしても残債が残ってしまった場合も、当然約束した金額(現実的に支払っていける金額)は支払うことになります。
しかし、その金額さえ支払うことが困難になる可能性もあります。
一般的には住宅ローンの返済に比べると、任意売却後のローンの残債分の取り立ては穏やかでしょう。
しっかりと相談することによって決められていた支払い条件を変えてもらえこともあります。
また、かなり少額でも大丈夫なケースもあります。
そのため、あまり悲観する必要はありませんし、前を向いていくことが大事です。
任意売却をするとなると、いろいろと困難にぶつかることもあると思われますが、業者の利用をおすすめします。
オーナーズ・プランニングは、任意売却時は当然ですが、その後の残債の支払い困難時にもサポートいたします。任意売却が適している方とは

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ