トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の前に考える買い戻し
任意売却の前に考える買い戻し

任意売却をする前に考えておきたい買い戻しについて

住宅を購入、建築する際に金融機関から借りたお金の返済が滞ってくると、任意売却を考えるでしょう。
一般的に任意売却をする場合には、住宅を手放すことになるので、当然その後は住み続けることは難しいでしょう。
しかし、「それでは困る…」という場合、親子間売買などの方法で引き続き住み続けられるというケースもあります。
返済が困難になった住宅を親子間売買にて買い取ってもらった場合、引き続き住んでOKかどうかは親が決めることになるので、交渉次第では今まで通りそこで暮らせます。
通常の任意売却に比べて圧倒的にお得なのですが、そのうえお金が貯まったら再び買い戻しを行うことも、親次第では可能ちなり、気持ちの上でもラクです。
これでしたら一時的に親に売却をしてその間も住み続けて、お金ができたら買い戻しをするという流れなので、メリットばかりのように思えます。
任意売却をした後にはどこに住もうか…と悩んでいる人もいる中、親が買ってくれて買い戻しもできるというのはとても幸せなことでしょう。
ただし買い戻しOKかNGかという問題はとても根深いものなので、事前に確認しておくと良いでしょう。任意売却が適している方とは

時効まで粘るべきか

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ