トップ >任意売却についてのコラム >任意売却物件を買うのに住宅ローンの借り入れはできる?
任意売却物件を買うのに住宅ローンの借り入れはできる?

住宅を購入してもローンの支払いができない場合、競売にかけられます。
つまり、強制的に物件を売却することで、債権を回収しようとするのです。
ところが、競売の場合は、相場の半分程度の額でしか落札されないため、
債権者に十分な額の返すことができなくなってしまいます。
それを避けるためには、競売前に任意売却をする必要があります。
任意売却物件を購入する場合には、住宅ローンを組むことが出来るか問題になりますが、
住宅ローンを組むことは可能です。
ただし、住宅ローンを組む場合には、金融機関の審査以外に、
債権者である保証会社から許可をもらう必要があることが、注意点になります。
その場合、できるだけローンの額を少なくすることが重要になります。

できるだけ高く売却をするには

住宅を購入したけども、住宅ローンを数ヶ月支払うことができずにそのまま滞納すると、
物件は差し押さえられて競売手続きが始まります。
競売で落札をされると新しい買主に売却をしなければならなくなるのです。
ただ、競売で落札された時の難点は、相場の半分ぐらいで取引きされるため、
元の家主も満足にお金を手にできない可能性が高くなるのです。
つまり、返済が残っている住宅ローンを返済できない可能性が高くなると言うことです。
そうなれば、家を手放した状態で住宅ローンの返済が残ることになるため、
競売を実行されるのを避けなければなりません。
そこで、任意売却をする方法が出てきます。この売却方法は、競売前に不動産会社と話あって自分達で売却することで、
少なくとも競売で売却をするよりも高い額で売却が可能になるのです。 できるだけ高く売却をするには

任意売却の物件を購入するときの注意点

では、任意売却の物件を購入する場合にはどうしたらいいでしょうか。
物件を購入する時にその物件に抵当権を付けて売却することは可能でしょうか。
結論から言えば、可能になります。
ただし、任意に売却をした物件は手続きがやや面倒な部分があります。
物件を購入する時には、債権者の許可を得る必要があります。
ココでいう債権者とは、保証会社のことです。
保証会社がその売却物件を買取っていますので、
もし、新しい買主が途中でローンの支払いができなければ債権だけが残ってしまい、
保証会社が金銭的な面での負担を負う可能性が高くなるのです。
ですので、普通の物件を購入するよりも面倒な手続きがありますので、ローンを組む場合でも、
返済し易い額を組むことが大事になります。 任意売却の物件を購入するときの注意点

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ