トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の家を購入するには?
任意売却の家を購入するには?

任意売却とは、競売される前に売る方法です。
競売されると、査定額のおよそ5割程度でしか売却することができないため、
家主としては満足なお金を手にすることができないのです。
そこで、少しでも高く売却をするためには、競売前に任意で売却をしようとするのです。
任意売却の不動産を購入する時に、できるだけ安く手に入れるためには、
期限が迫っている時を狙うのがいいでしょう。
任意の売却物件は、競売前に売却をしなければならないという期限がありますので、
普段はそう簡単に値引をしてくれませんが、危険が迫った時期に値引を条件に購入をすることは可能になります。
ただし、あまり無理な値引を迫るとトラブルになりますので、注意が必要です。

任意売却の基礎知識

任意売却とは、住宅ローンを払うことができなくなった場合に、そのまま数ヶ月が経過すると、
やがて競売をして強制的に売却されてしまいますが、それを避けるために任意に物件を売却する方法です。
任意に自宅を売却する理由は、できるだけ高く売却したいからです。
もし、任意で売却をしなければ、競売によって強制的に売却をしなければならなくなります。
競売の問題点は、相場の5割程度でしか売ることができない点です。
そもそも、住宅ローンを払えない場面では、手持ちの大きな財産と言えば不動産ぐらいのものです。
それをできるだけ高く売却出来るかどうかが重要なのに、
相場の半分ぐらいでしか取引きをすることが出来ないと言うのは家主にとっては大きな問題なのです。
そこで、競売が始まる前に、任意の売却を行うことで、競売よりも高く売却をすることができるようになります。 任意売却の基礎知識

値引で購入するには

では、任意売却で売り出された家を買う場合にはどうしたら値引きで購入することができるでしょうか。
通常、任意で売却された物件は、家主側の事情を考えれば、なかなか値引をしてくれる可能性はありません。
もし、値引をしてくれたとしても、大した額は値引をしてくれないことが容易に予想できるのではないでしょうか。
ですが、ある時期を狙えば、値引をしてくれる可能性が高くなります。
その時期とは、競売される期限ギリギリの時期です。
普通の売却物件であれば、できるだけ早く売りたいという気持ちはあるかも知れませんが、
期限が決まっている訳ではありません。
ところが、任意で売る場合には、競売される前に売らないといけないため、期限が設けられているのです。
期限ギリギリの物件であれば値引きをしてくれる可能性が高くなります。 値引で購入するには

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ