トップ >任意売却についてのコラム >任意売却でよくあるトラブル
任意売却でよくあるトラブル

任意売却をするなら気をつけたいトラブルについて

任意売却という方法は、住宅ローンの支払いが厳しくなった人を救うための手段ですが、利用する不動産会社によってはトラブルに遭い、悲惨な思いをするかもしれません。
任意売却におけるトラブル例にはいろいろありますが、まず挙げられるのは、コンサルティング費用が請求されるという点でしょう。
不動産会社は任意売却をするにあたってコンサルティング費用などを請求をしてはいけないのですが、仲介手数料だけを受け取ることが可能です。
仲介手数料の請求額も莫大な金額を要求されることもあるのですが、法で定められている金額かどうかを事前にチェックしなくてはいけません。
任意売却をして安心できるはずが、必要以上の請求されたためにどん底に突き落とされたという例もあるので注意してください。
そして業者によっては経験を持ち合わせていないことに起因するトラブルが発生しかねず、任意売却が成立しなかったということもあり得ます。
綺麗ごとだけを並べて雑な仕事をする会社ではなくて、信頼できて多くの人に評価されている所に依頼をし、理想的な手順で進めてもらうことが理想です。
しっかりとした専門家ときちんと連携をとっていて、必要があれば専門家の力を借りるとところを選ぶことで、トラブルが発生しづらくなるでしょう。
代位弁済という制度について

任意売却を焦りすぎると良くない?

任意売却を早くしないと競売になってしまうかもしれない、と焦る気持ちもよく分かりますが、きちんとした業者を見つけないと本当に最悪なことになりかねません。
依頼者が任意売却についてあまり知らないということで言い包めたり、必要以上にお金を要求したり、請け負ったにもかかわらず進めようとせず、結局競売になってしまった…というケースもあります。
契約をする前にしっかりと判断しなくてはいけません。
トラブル例としては、やはり本来請求してはならないお金を請求された、法外な仲介手数料をとられた、全く知識や経験がなくて進まない、といったことが多いでしょう。
デリケートな問題ですし普通はあまり関わることがない問題なので依頼者は詳しくなくて当然ですが、騙されないため、トラブルにならないためにも、最低限は勉強をした方が良いかもしれません。
トラブル回避のためにより良い業者を選ぶことができれば、自分にとってより良い結果がもたらされるはずです。
大切なマイホームを最良の形で手放すことができるようにしたいです。 任意売却でよくあるトラブルについて

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ