トップ >任意売却についてのコラム >代位弁済と任意売却
代位弁済と任意売却

代位弁済という制度について

あまり馴染みのない言葉ですが、代位弁済というものがあります。
例えば住宅ローンを利用して、とある銀行から借り入れをしたとします。
毎月決まった金額を返済していくことになるのですが、どの家庭もそれが可能なわけではなくて、どうしても滞納してしまうこともあるでしょう。
そうなると債権者は、本人ではなくて、連帯保証人に請求をするケースがあります。
と言いましても、最近は保証を専門に行う組織を保証人とすることも多く、そういった保証会社に対して債権者が代位弁済を求めることもあるでしょう。
すると元々借りていた金融機関から、その代理弁済を行った組織に債権者が移動します。
そのまま保証会社が本人に対して請求をしないというわけはありませんから、一般的には一括で返済してくださいといった形で請求が為されるはずです。
当然住宅ローンを利用して住宅を購入した本人はそんな返済などできませんから、状況は段々良くない方向に向かっていくかもしれません。
支払いができないということで手放すように仕向けてくるケースもあり、住宅を競売にかけるということも十分考えられます。
保証会社は代位弁済を行ったわけなので、当然そういった権利を有しているのですが、競売されると、本人にとってはメリットがないため、競売ではなくて、任意売却で手放したいと考えるのが普通でしょう。 代位弁済という制度について

代位弁済と任意売却について

保証会社によって代位弁済されてしまうと一気に状況が変化することもあり、多くの債務者は驚きますし、何をすべきなのか迷うことでしょう。
少しでも早く動くことが重要で、そのためには知識がなくては厳しいでしょう。
そんな時には、オーナーズプランニングをご活用ください。
手遅れになる前に手続きなどをすることでマシな状況に持っていくことも可能ですし、任意売却のプロだからこそ知り得る知識もあります。
住宅ローンや代位弁済、求償権など、一般人にとってはちんぷんかんぷんな内容かもしれませんが、オーナーズプランニングにご相談ください。
打てる手は早めに打つに越したことはありませんから、より良い状況にするためにも専門家(任意売却のプロ)に頼るということは大事です。
競売という方法が採用されてしまう前に、任意売却という方法をとり、比較的マシな状況を自ら作り出していきたいです。
そういった事柄をサポートするのが、プロでもあるオーナーズプランニングです。 代位弁済と任意売却について

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ