トップ >任意売却についてのコラム >不動産の差し押さえと任意売却
不動産の差し押さえと任意売却

差し押さえと任意売却について

住民税などを滞納して支払いしないと、最悪の場合、持ち家を差し押さえされることがあります。
頻繁に見ることはありませんが、どの地方自治体でもこういった例は枚挙に暇がなく、困っている例がたくさんあります。
滞納している税金を支払うだけの余裕があるのなら特に問題はないかもしれませんが、支払うだけのお金がない…という状況であれば深刻かもしれません。
中には同時に住宅のローンを返済中だというケースもありますが、税金が満足に支払えないような状況では、ローンの返済もままならないでしょう。
任意売却をして金銭面を少しでも楽にしたいと考える気持ちは分かりますが、差し押さえされているという現実が足かせになってしまいます。
いくら任意売却をしたくても、その物件を差し押さえされていては、任意売却することはできません。
該当する不動産を差し押さえされているということは、登記簿にもその旨が記載されてしまいます。
もちろん登記簿には差し押さえをしている債権者も書かれているでしょう。
ですから税金の支払いができず滞納し、差し押されているならば、通常の任意売却よりは面倒かもしれません。 差し押さえと任意売却について

差し押さえされている住宅を任意売却する方法

上記したように差し押さえされてしまっているとあっさりと任意売却を行うことはできないかもしれません。
しかし交渉次第では差し押さえを解除してもらえ、任意売却に移ることができるケースもあるでしょう。
ただし解除してほしい旨を伝えるだけではNGで、支払うべき税金をすべて納付するというのが理想です。
しかしそれができる人は少ないので、折り合い点を見つけて…ということになるでしょうが、真摯な態度で臨むことが重要でしょう。
多少なりともコツもあると思われるので、オーナーズプランニングにご相談いただくことをおすすめします。
主に市役所や区役所のような役場の担当者相手の交渉となり、担当者次第で結果が変わることも多いでしょう。
もちろん役所の担当者を納得させなければいけませんから、交渉は重要な意味を持ってくることになります。
差し押さえされている状態でそれを解除してもらい、任意売却の手続きを進めることは、そう難しいことではありません。
しかし慣れない手続きや交渉も入ってくるため分からないこともでてくるかもしれませんが、オーナーズプランニングにご相談いただくことで解決させやすくなるでしょう。 差し押さえされている住宅を任意売却する方法

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ