トップ >任意売却についてのコラム >住宅支援機構による任意売却
住宅支援機構による任意売却

住宅支援機構と任意売却について

住宅支援機構(住宅金融支援機構)は独立行政法人ですから、一般的な金融機関とは一線を画しています。
住宅支援機構が発足してから、もしくは住宅金融公庫時代にローン契約を結んで毎月返済を行っている家庭は非常に多いです。
「住宅」支援機構というだけあって、住宅関係の借り入れが可能で、ここから借り入れを行っている人は日本全国に数多くいるというのが現実でしょう。
滞りなく規定の金額を返済できていれば問題はありませんが、必ずしもそのように順調に進んでいるとはいえず、不況等のあおりを受けたせいで、返済が滞っているという家庭もあります。
実際に返済の滞りが始まると頭をよぎるのが、自己破産、任意売却、競売でしょう。
多くの人は自己破産を避けたいと思うでしょうし、競売ではなくできれば任意売却という方法で住宅を手放すということを考えます。
しかし債権者によってはなかなか任意売却を認めてくれませんが、その点住宅支援機構であれば、認めてもらいやすいという特徴があるようです。
それによって窮地から脱出できる可能性もありますから、是非とも検討すべきでしょう。 住宅支援機構と任意売却について

住宅支援機構による任意売却について

住宅支援機構(住宅金融支援機構)側は、住宅ローン利用者の返済が苦しいのであれば、任意売却について検討すべきだとアナウンスしています。
任意売却をすると競売で手放すよりもいろいろなメリットを享受でき、最も喜ばしいのは比較的高値が付きやすいという点でしょう。
高値が付くということは残額を圧縮しやすいというメリットもありますし、これはローン利用者(返済者)だけではなくて、住宅支援機構のような債権者にとってもプラスに働くことでしょう。
住宅支援機構から借り入れをして住宅を購入し、それを任意売却する際には、手順を踏むことになります。
まずは任意売却のオーナーズプランニングのような仲介業者を探していただき、申出書を住宅支援機構に提出することになります。
そして調査などを行い、価格査定書を機構側に提出します。
その価格を住宅支援機構側が承認するかを決め、価格に関する通知を行い、住宅の販売活動を行っていく流れとなるでしょう。
例えば購入を希望する人が出てきたとしても、抵当権抹消が可能かどうかは住宅支援機構が行うことになります。
住宅支援機構は協力的な体制を整えてくれているので、任意売却しやすいかもしれません。 住宅支援機構による任意売却について

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ