トップ >任意売却についてのコラム >任意売却では売り主の瑕疵担保責任を免除出来る?
任意売却では売り主の瑕疵担保責任を免除出来る?

任意売却と瑕疵担保責任

通常自分の所有している物件を売却する場合、その後何らかの問題が発覚した際には、瑕疵担保責任の問題が発生します。
これは法律(民法)で定められており、もし売り主に過失がなかったとしても責任を負う必要があるのです。
これは物件を購入した人を保護するための法律です。
任意売却をする人が気になる点は、瑕疵担保責任が発生した場合、対応できない可能性がある…ということでしょう。
任意売却をする人は財産もないでしょうから、仮に損害賠償請求をされたところで対応できないでしょう。
その部分を心配する売り主は非常に多くいるのですが、任意売却をする場合には瑕疵担保責任が免責されるということも多々あります。
任意売却を希望しているにもかかわらず、瑕疵担保責任のせいで行動に移せないとなると悲惨です。
当然瑕疵担保責任を免除せずにつけることも可能ですから、免責特約をつけなくてもOKです。
しかし、売却後の自分を守る意味でも、瑕疵担保責任を免除する特約をつけておく方が良いでしょう。 任意売却と瑕疵担保責任

気になる瑕疵担保責任について

任意売却を希望する人の中には、何も隠し事は無いから瑕疵担保責任免除の特約は必要ないと考える人もいるでしょう。
しかし瑕疵担保責任というのは、売り手が把握していなかった事柄も含まれます。
例えば、シロアリ被害や全く気付いていなかった雨漏りなども瑕疵となるでしょう。
特約無しで任意売却をして、その後シロアリ被害が発覚し損害賠償請求をされた…となると、大変な事態に陥ることでしょう。
そうなると、任意売却をすることで窮地を脱したにもかかわらず、再度窮地に追い込まれることになります。
瑕疵担保責任の問題が発生して揉めるケースも多いですし、複雑化してしまい面倒な事態に巻き込まれることも多いようです。
ですから任意売却をするのであればそういった事態も想定しなくてはいけません。
その結果、やはり瑕疵担保責任の特約は必ず付けた方が良いという結論に達するのではないでしょうか。
このように任意売却をめぐる事柄は非常にややこしいというのが実情です。
慣れていない人が焦って手続きをすると自ら窮地に飛び込むようなものなので、オーナーズプランニングにご相談ください。
瑕疵担保責任に限らず、関連する法律やルールはとても多くて、慣れていない人が把握するのはすごく難しいです。
任意売却後、安心して生活するためにも免責ルールについて知っておきましょう。 気になる瑕疵担保責任について

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ