トップ >任意売却についてのコラム >任意売却してから自己破産するメリット
任意売却してから自己破産するメリット

任意売却は行うタイミング次第でかかる費用も変わる

今の時代、任意売却は珍しいものではなく、かなり多くの人達が行っています。
表立っては誰も公表しませんが、経済状況の悪化もあり、住宅ローンの支払いが厳しいと感じている人は数多くいます。
住宅ローンの支払いが滞り始めると、任意売却を検討するかもしれません。
任意売却だけで解決する問題もあれば、なかなか解決が見込めなくて、自己破産も一緒に行うこともあるでしょう。
そこで問題になるのが、任意売却を先に行って、その後自己破産の手続きをするか、それとも順序を逆にするかということです。
はじめに自己破産手続きを行う場合だと、実際には経済的な余裕がなくても、管財事件として扱われるので、予納金を裁判所に支払う必要性が出てきます。
自己破産や任意売却を検討している人にとってこの予納金は大きな負担になり得るでしょう。
予納金の他にも弁護士費用なども必要になるため、自己破産を先に行い、その後に任意売却を行うと、負担すべき金額が大きくなってしまいます。
知識を有していなくて、少しでも早く悩みから解放されたいと思っている人だと、つい自己破産を先に行うかもしれません。
ですがデメリットが発生しますので、しっかりと検討すべきでしょう。 任意売却は行うタイミング次第でかかる費用も変わる

任意売却をしてから自己破産を行うのがベスト?

上記とは逆に、まずはじめに任意売却を行うと、持ち家を持っていないことになるので、状況次第ですが管財事件として扱われる可能性が減るでしょう。
管財事件になる・ならないの基準は明確ではない(その他の財産も考慮されるため)ので一概には言えませんが、住宅をあらかじめ処分しておくことで管財事件になる可能性は減ります。
管財事件でない場合は同時廃止といった扱いになるので、裁判所に予納金を支払う必要はありません。
任意売却を自己破産よりも前にするメリットは他にもあります。
自己破産の手続きをする時に弁護士などの専門家に依頼することになるでしょうが、その際にかかる費用が管財事件の時と比べて安くなります。
予納金と弁護士費用を抑えることができるというのは、非常に大きなメリットでしょう。
支払い能力がなくなってしまい自己破産や任意売却について考えるときには、どうしても焦りがちになってしまいます。
ですが少し冷静になって、自己破産と任意売却のどちらを先に行うか考えることで、結果は大きく異なるでしょう。
いつ手続きをすべきかということも、オーナーズプランニングであればアドバイス可能です。 任意売却をしてから自己破産を行うのがベスト?

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ