トップ >任意売却についてのコラム >離婚の際には任意売却で住宅ローンを免れる!
離婚の際には任意売却で住宅ローンを免れる!

離婚後も住宅ローンを支払い続けるなんてイヤ!

結婚を機に、二人で一緒に住む家を購入してまさに幸せの絶頂…という時期を過ぎた夫婦には、その後の事情で離婚してしまうということもよくある話です。
結婚生活が問題なく続いているのなら、頑張って住宅ローンを支払い続ける価値はあるのですが、離婚することが決まった場合、普通はこれ以上頑張って支払おうという張り合いはなくなります。
離婚後に夫婦のどちらかがその家に住むとしても、仕事その他の都合によって、ローンだけを支払い続けながら住むことはできない、といったケースも起こり得るため、ローンの支払いからは極力逃れたいと考えるのが当然です。
住宅を買うためにお金を借りた以上は、当たり前のこととして返済する義務がありますから、「支払いはしたくない」という言い訳は通じません。
しかし任意売却制度を利用することによって、住宅ローンの支払いから免れることができるケースがあります。
まずは任意売却をするために、抵当権を解除してもらわなければなりません。
抵当権が付いたまま仮に売却してしまうと、最悪の場合、差し押さえ対象になりかねないからです。
抵当権を外してもらうためには一般的には、任意売却をして得た資金でローンの残債を完済できる必要があるでしょう。
もし完済できない状況であったとしても、その差額分を返済できるだけの余裕資金があれば、債権者は認めてくれるはずです。
しかし、離婚する夫婦誰もが金銭的に余裕があるわけではありません。
そういった際には、債権者と交渉をする必要が出てきます。
債権者はあくまでもお金を貸している立場ですから、債務者よりも強い立場にいます。
そこで、少しでも有利に話し合いを進め、任意売却によって離婚後の支払い負担を減らしたいという場合は、任意売却を専門とする仲介業者に相談しましょう。

離婚した後も住宅ローンを支払い続けるのは嫌だ

離婚時は共有名義の所有権に注意

夫婦が仲良く住むために購入した家ですから、離婚した後も住み続けたいと思う人はそれほどいませんが、多くは経済的な事情から、どちらか一人がローンを支払いながら住み続けるというケースが多いようです。
夫婦二人で力を合わせて住宅ローンを支払う予定で購入した物を、どちらか一人の力で完済しなければならないとなると、経済的な負担において将来への不安は大きくなります。
そうした負担を回避するには、任意売却制度でローンの残債を減らし、ローンを完済してしまうことも方法の一つです。
任意売却においては、所有権が単独名義であれば、おおむね問題なく手続きを進めることができます。
しかし、離婚後の任意売却の際に最も問題となるのは、所有権が単独名義でなく、二人の共有名義になっている場合です。
任意売却を行うには、所有権移転および抵当権抹消の手続きをすることが前提です。
その場合、所有権には所有者の承諾が、抵当権については債権者の承諾がそれぞれ必要になります。
離婚後の任意売却は、当事者双方の承諾や合意なしに進めることができないという点が、大きな障壁となる可能性が高いのです。
任意売却の専門家はこうしたケースを扱った経験も豊富なので、離婚後の資産の整理についてお困りの場合や不安なことがあるときは、お気軽にご相談ください。

離婚時に任意売却をすることは比較的多い

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ