トップ >任意売却についてのコラム >任意売却でプライバシーを守る!競売による聞き込みを回避!
任意売却でプライバシーを守る!競売による聞き込みを回避!

任意売却だったらプライバシーが守れる

多くの人がいざという時に競売を避けて任意売却を選択しますが、それにはいくつかの理由があります。
まずは競売に比べて任意売却の方がかなり良い値段で販売できるためです。
高い価格で売却できると、住宅ローンの残債をすべて返済できる可能性も高まりますし、もしかすると手元にお金が残る可能性もあるでしょう。
お金がなくて困っている時には少しでも高く物件を売りたいと思うはずなので、任意売却はとても人気です。
その他にもメリットはあり、プライバシーが守りやすいというものです。
競売による方法で売却する場合、実は裁判所の関係者が見に来たりすることもあり、近所に住民にバレてしまうことがあります。
さらに競売物件を狙っている業者はたくさんいるので、それらの人達がチェックにやってきて、ひどい場合には近所に様々なことを聞いて回ることもあるのです。
これではプライバシーなんて無いのも同然ですし、近所付き合いが豊富な地域だと、すぐに噂が広まってしまいます。
聞き込みなどしないのでは?と思う人が多いのですが、競売前には聞き込みをする人が実際に出てくるケースも多いでしょう。

任意売却だったらプライバシーが守れる

プライバシーを守ることは第一に考えたい

競売だと上記した理由で近所にバレる可能性があるのですが、他の理由によってもバレてしまう可能性はいくつかあります。
競売物件がインターネット上に公開されますので、もし近所の人達や知り合いがみると知られてしまうでしょう。
可能性はかなり低いかもしれませんが、インターネット経由で誰かに知られる可能性があることも頭に入れておきたいです。
ですが任意売却ですと、競売と異なり、一般的な物件売却とほぼ同様の手順を踏みますので、プライバシー面の心配をする必要はなさそうです。
競売をすることが知られてしまい、人間関係にひびが入ったケースもあれば、いじめに発展したというケースもあるので、早めに任意売却を決意すべきでしょう。
任意売却と競売を比較しますと、多くの部分で任意売却に分があります。
売却価格も高額になりやすいですし、プライバシー面も守れますし、自分の意思が尊重されやすいですし、比較すると任意売却のメリットがよく分かるでしょう。
物件まで来て近所の人達に聞き込みをされると本当に困りますし、場合によっては周りに迷惑がかかってしまいます。
それを避けるためにも、是非とも任意売却を選択したいところです。

プライバシーを守ることは第一に考えたい

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ