トップ >任意売却についてのコラム >マンション管理費の滞納金も任意売却代金から支払える?
マンション管理費の滞納金も任意売却代金から支払える?

競売ではなく任意売却をすることで得られるメリット

任意売却ならではのメリットとして、ある程度自分の希望を反映させやすいというのがありますし、競売以上に高額で売却できるケースが非常に多いです。
そしてマンションを所有している場合、マンション管理費を滞納している人もいるでしょう。
仮に所有しているマンションを任意売却して手離したとしても支払う義務は残ります。
支払う必要はあったとしても、満足に住宅ローンを払えない状態では、マンション管理費の支払いは難しくなります。
ですが任意売却をした場合、債権者次第ではありますが、マンション管理費を売却価格から捻出してもらえるケースがあるのです。
すべての債権者がこういった厚意を与えてくれるわけではないですが、その可能性も十分あるでしょう。
もしマンション管理費を滞納しているのなら、任意売却の業者に依頼する前にしっかりと話をしておくことが大事です。
それによって債権者に交渉もしてくれますし、様々な事柄を考慮してくれます。
任意売却の際に利用する専門業者は多数あるのですが、全社同様のサービス内容ではありません。
各社全く異なることもありますし、親身になって相談に乗ってくれたり、交渉をしてくれるところがあるので、そういった業者を選定すべきです。

競売ではなく任意売却をすることで得られるメリット

マンションを任意売却するケース

任意売却=一軒家だというイメージが強いですが、特に都市部で購入している分譲マンションを任意売却するケースが増えています。
高額な住宅ローン契約をしたにもかかわらずに支払えなくなるというのは、とても多い話です。
住宅ローンの支払いだけでなくて、マンション管理費やその他関連する費用を滞納している人もいるでしょう。
特に住宅ローンの滞納は大きな問題で、悲しいことですが、任意売却せざるを得ません。
一般的には任意売却が完了するまでに数か月かかり、仮に売却できたとしても、債権者に返済しなくてはいけません。
ですがそれで終わりではなく、もし住宅ローンが完済できたとしても、滞納していたマンション管理費の支払いが待ち受けています。
他に新居に引っ越すための資金も必要になるので、簡単に払えるような状況ではないでしょう。
しかし上手く交渉を行うことにより、任意売却代金から支払うこともできます。
住宅ローン契約を結んだ金融機関などの判断にゆだねられるのですが、債務者のことを考えてくれ、管理費用などを支払ってくれるところもあります。
競売による売却だとこのような恩恵を受けることはできないので、やはり任意売却がおすすめです。

マンションを任意売却するケース

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ