トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と自己破産の関係について
任意売却と自己破産の関係について

任意売却だけでなく自己破産もする

自分が住んでいる物件を任意売却して手放す…という状況に陥っている場合、もしかしたら自己破産についても考えている人がいるかもしれません。
ですが巷では任意売却と自己破産についての様々な情報が流れていて、それが正しいのかどうか分からずに困っている人もいます。
一般的に言われていることとして、任意売却をすると自己破産できないんじゃないか?という問題ですが、これは間違いと言えます。
これが言われている理由に偏頗弁済(へんぱ・べんさい)というものがあります。
偏頗とは、偏りがあり公平ではないこと。
つまり名前の通り、複数の債権者がいた場合にえこひいきをして返済をすることを指します。
任意売却をするということは、住宅ローンを組んでいる金融機関に対して優先的に返済していることになるんじゃないの?という思いもあるでしょうが、実はこのケースだと偏頗弁済には当てはまりません。
任意売却だけでなく自己破産もする ですからこの件については特に問題になるようなことはありませんし、心配であれば任意売却チームでもあるオーナーズ・プランニングにご相談ください。
任意売却についてもそして自己破産についても、普通に生活をしている人々にとっては縁遠いものなので、知識を有していない人もいるでしょう。
ですから自分を有利な状況にするためにも、プロに頼ることも検討していただきたいです。

任意売却を自己破産よりも前にやる?それとも後?どっちが良いのか

自己破産のタイミングについては、先でも後でもそれぞれメリットが存在します。
どちらが有利かは債務者の状況に応じて判断するのがベストだと思われます。
まず先に任意売却を行うメリットは、自己破産をすることによって、管財事件ではなく安い費用で自己破産ができるようになる可能性があります。
もし自己破産を行う際に自分の家を有していたら、管財事件という扱いになるので、20万円程の支払いが必要になります。
それを支払う資金があれば、自己破産後に任意売却を行っても良いかもしれません。
逆に任意売却を自己破産後に行うことで、債権者を説得しやすくなるでしょう。
任意売却を行いたいと言っても債権者がNGを出す可能性もあるため、説得しやすいであろうこちらの順序で手続きをすることもあります。
ただし自己破産を任意売却よりも後で行いたい場合でもあらかじめ債権者やオーナーズ・プランニングなどの任意売却のプロに相談しておくと、存外任意売却に応じてくれることもあるかもしれません。
これらは自分の置かれている状況や債権者の意向も関係してくる問題です。

任意売却を自己破産よりも前にやる?それとも後?どっちが良いのか

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ