トップ >任意売却についてのコラム >任意売却後でも自宅に住み続けられる方法とは?
任意売却後でも自宅に住み続けられる方法とは?

任意売却をすると今住んでいる家はどうなるの?

住宅ローンの支払いができなくなった場合に泣く泣く任意売却を行うこともあります。
競売という手もあるかもしれませんが、任意売却に比べて売値が安くなることが大半なので、多くの場合は任意売却が希望されるでしょう。
ただ自宅を売るということなので、当然自分のものではなくなります。
任意売却をすると今住んでいる家はどうなるの? それは致し方ないことですが、何らかの事情がありそこに住み続けたいというケースもあることでしょう。
例えば子どもの学校の影響、愛着があってマイホームから離れたくない!などがありますが、実はそのまま継続して住み続けることができる方法もなくはありません。
だからといって必ずその願いが叶うわけではなく、乗り越えるべき壁が存在しているのも事実でしょう。

任意売却をした後にそのまま住み続けられる方法について

任意売却で売り払った後も引き続き住み続けられるというのは一見不可能のようにも思えますが、確かに方法はあります。
いくつかやり方があるのですが、まずはハウスリースバックを活用するものです。
例えば親に任意売却をして買取ってもらって、月々の家賃を親に支払って今まで通り住み続けるというものになります。
親が相手だとお金に余裕ができて買い戻したくなった際に買い戻せる可能性も高いため、おすすめの方法でしょう。
ただ問題もあり親子の間でのローン締結は基本的には無理だとされているため、親に一括購入してもらうことになります。
もうひとつの方法は、投資家相手に任意売却を行って、毎月家賃を支払ってそのまま住み続ける(リースバック)というものです。
上記とほとんど同じではありますが、投資家ということもありお金は十分持っており安心感もあるかもしれません。
ですが毎月家賃を支払っていくことになるため、一定収入がない場合はこの方法は厳しいでしょう。
この方法は投資家次第な部分も大きいでしょうから、交渉してみる余地はあるかもしれません。
但し親とは違いあくまで他人なので買い戻しなどの約束が守られるかは心配な面もあります。
そして投資家探しや契約の詳細なども専門業者を通すことで楽に行うことも可能です。
これらの方法を用いると住み続けることが可能となります。
同じ家に住み続けるには競売で身内に買ってもらうという方法もありますが、競売の場合は身内以外の人が高値を付けることも大いに考えられますので、自分で値段を決められる任意売却が最適です。
何が何でも住み続けたいという人にはハウスリースバックを検討すべきですが、この方法はプロが間に入らなければなかなか難しい方法でもあります。
任意売却を専門としたプロの業者に任せることをお勧めいたします。

任意売却をした後にそのまま住み続けられる方法について

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ