トップ >任意売却についてのコラム >任意売却におけるブラックリストについて
任意売却におけるブラックリストについて

ブラックリストについて


ブラックリストについて

任意売却を検討している人の中には、任意売却をすることでブラックリストに載ってしまうのではないかと不安に思っている人もいるのではないでしょうか。 ブラックリストとは、個人信用情報機関に登録される延滞情報であり、返済が滞った場合における事故情報の通称名になります。 返済に滞りがない通常の情報をホワイト情報、返済が滞った場合の情報をブラック情報と呼ぶことからブラックリストと呼ばれるようになりました。 また、ブラックリストはあくまで、個人信用情報機関にある情報は客観的な取引情報を表す信用情報に過ぎません。 個人信用情報には、氏名、生年月日や住所、電話番号、勤務先から契約日、契約の種類、極度額、支払回数、利用残高、月々の支払状況などです。 しかし、返済を滞りブラックリストに載ると、延滞情報、代位弁済、取引停止、強制退会、破産情報などが登録されます。

任意売却をするとブラックリストに載るのか


任意売却をするとブラックリストに載るのか

任意売却をするとブラックリストに載ってしまいますが、事故情報が登録されるだけです。
住宅ローンを3ヶ月滞納すると、延滞情報という事故情報が登録されることになります。
そのため、任意売却の前提条件である住宅ローンの滞納が3ヶ月以上発生することで、事故情報が登録されてしまうのです。
任意売却だけでなく、競売の場合もブラックリストに載ります。
さらに住宅ローンを3ヶ月以上滞納し、延滞情報が登録されると5年間ほど記録が残ります。
一般的には5年間ですが、長いときは10年間に渡って記録が残るということを知っておきましょう。
事故情報が登録されている期間は、新しく住宅ローンを組むことができません。
それだけでなく、新しいクレジットカードの発行もできません。
申し込むことは可能ですが、ほとんど場合断られてしまうでしょう。
任意売却や競売の場合だけでなく、消費者金融などで債務整理をしたときにもブラックリストに登録されます。
ブラックリストに載りたくないはずですが、住宅ローンを滞納してブラックリストに載ることになっても、任意売却をしなければならないこともあるでしょう。
新しく生活を始めるためには、住宅ローンを滞納したときは早いタイミングで任意売却の業者に相談することをおすすめします。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ