トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の価格の決め方
任意売却の価格の決め方

任意売却の価格は誰が決める?

住宅ローンが返済できない…そんな時に競売を避けるために検討をするのが、任意売却です。
任意売却は業者が勝手に価格を決めてしまうから不安があると考えている人もいるかもしれません。
しかしその考えは、全くもって誤解です。
売却価格は契約書類に欠かせない記載事項であり、それを業者が勝手に決めるという事はできません。
任意売却の際にその価格を決めるのは、所有者本人となります。
ただこれだけでは普通の、いわゆる一般売却とそれ程の違いはありません。
それではどこが違うのかというと、それは売却の中止が難しいという事です。
一般売却は価格によっては中止する事ができますが、しかし任意売却の場合は時間が限られています。
もし任意売却が定められた期間内に成立できなければ、結果的に競売で売却をする事になるでしょう。
この余裕の無さは売却価格にも直結し、一般売却よりも価格が下がってしまうことはやむを得ないでしょう。
任意売却の値段は、自分で決める事ができます。
しかし、一般売却と同等の価格で売る事は難しいと言えます。
任意売却を検討している方は、この点を理解しておきましょう。
熟考した結果任意売却を選ぶというのなら、専門家にアドバイスをもらってはいかがでしょうか。

任意売却の価格は誰が決める?

債権者から断られる可能性も

任意売却の値段は、売主によって決める事が可能です。
しかしそのためには、債権者による同意も得る必要があります。
値段があまりにも債権者の希望と離れていた場合には、却下されてしまう事もあるでしょう。
ただ、なるべく高く売れた方が良いというのは売主も債権者も同じ思いであるはずです。
それなのに債権者の同意を得られないのはどういうケースなのでしょうか。
まず、あまりにも希望が高すぎて到底買取が付きそうにない値段である事が考えられます。
いくら高く売れる方が良いとはいっても、まるで成立が見込めないような値段であれば時間稼ぎと見られても仕方がありません。
そのため任意売却の値段を決める時には、不動産業者からの情報も得ながらある程度の相場を把握しておく必要があります。
相場がわかれば、高くともその相場の上限までにしておけば債権者の方も無為に却下する可能性も低くなるでしょう。
もちろん債権者としても、売主から提出された査定書だけでなく独自にある程度は調べていることでしょう。
自分で価格を決められる任意売却ですが、だからといってどんな価格でも通るというわけでもありませんから、まずは情報を集めることが必要です。

債権者から断られる可能性も

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ