トップ >任意売却についてのコラム >任意売却における弁護士の役割とは
任意売却における弁護士の役割とは

任意売却の相談は誰にすれば良いか


任意売却の相談は誰にすれば良いか

住宅ローンの支払いが困難になった人は、弁護士に相談しようと考えているのではないでしょうか。
弁護士はどのようなことも解決してくれるといったイメージがありますが、任意売却をするのであれば弁護士は必ずしも必要な存在ではありません。
任意売却は、競売の代替手段としての債務の返済方法です。
基本的に、任意売却は普通の不動産売却と同じであり、不動産売却にも弁護士は登場しません。
それと同様に、任意売却も基本的には弁護士は登場しないのです。
任意売却は任意売却の専門業者に依頼します。
しかし、任意売却においても弁護士が必要になるケースがあります。
それは、借金が多過ぎる場合です。
借金が多い場合は、まずは債務整理をする必要があります。
任意整理、個人再生、自己破産などについて弁護士に相談をしてください。
任意売却をすることでローン残債が完済できるようであれば、弁護士に相談をする必要はありません。
また、任意売却で完済できなかったとしても、残債を自力で返済できる場合の弁護士は必要ないでしょう。
自力では債務を完済できない人が、弁護士などの専門家に相談します。

弁護士よりも任意売却業者に相談をしよう


弁護士よりも任意売却業者に相談をしよう

任意整理は弁護士が債権者に代理で交渉し、返済額や返済方法を下げることです。
債務者本人が債権者と交渉することも可能ですが、専門知識がある弁護士などの専門家に任せることで、交渉の成功確率を上げることができます。
基本的に、任意整理は住宅ローン以外の債務を圧縮し、全体の返済を緩和していかなければならないため、住宅ローンは引き続き支払ってください。
任意整理をしても任意売却をする人も少なくありません。
また、任意売却は任意売却後の残債の返済方法について、弁護士に依頼をしなくても自分で交渉し、月々の返済額を下げることが可能です。
弁護士のアドバイスを聞くだけでも適切な対処や状況認識ができるため、相談する価値はあるでしょう。
しかし、弁護士に相談をするとお金が掛かります。
任意売却に関しては、弁護士に相談をするメリットが薄いため、任意売却の専門業者に相談をするとメリットが多いです。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ