トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と一般売却の違いとは?
任意売却と一般売却の違いとは?

任意売却と一般売却って何が違うの?

任意売却と一般売却って何が違うの? 任意売却とは、住宅ローンの返済が滞ってしまいやむを得ず住宅を売却するもので、
住宅ローンの残高が不動産の現在の価格より高くて、その差額を一括で支払えない場合に発生する手続きとなります。
つまり、売却しても尚且つ残債があり、これをローンで払い続けるしかない場合です。
残債があるままでは抵当権付の不動産になりますので、一般売却はできないというパターンでしょう。
ちなみに一般売却とは、不動産の現在の市場売却価格より住宅ローン残高が少ない場合の売却方法です。
現在、住宅ローンが払えている場合は、例え任意売却したくても債権者に認めてはもらえません。
もし行う場合は、債権者が連帯保証人等に住宅ローンの返済を要求してくることもあります。
なぜなら任意売却は一般売却と違い、住宅ローンが払えない人のための救済手段として存在する手続きだからです。
それによって、債権者でもある銀行もまた救済されることにもなるので、住宅ローンが払えているのであれば、一般売却の手続きをとるしかありません。

任意売却と一般売却

任意売却も一般売却も行う手続きには、何ら変わりはなく、違いはその経緯にあるのです。
残債をいくらにして毎月いくら払うかは、住宅ローンの債権者と債務者とで協議して決めていくものです。
通常は債務者が返済できる金額で折り合い、およその相場は5,000円くらいから30,000円くらいにしてくれるでしょう。
任意売却で新たな買主の手に売り渡されてからも、その住宅の残債は払い続けることになるのです。
この時の新たな買主に任意売却された不動産であることを知られることはありません。
不動産屋と債権者以外しか知らないものですので、気にすることもありません。
そして任意売却ではその時点では住宅ローンの返済が済んでいませんから、所有者は個人のままでも銀行には抵当権があります。
そこで売却の実務においても、銀行の任意となってしまうでしょう。
一般売却では所有者が、自分の意向で売却時期、売却先、価格までも設定できますが、任意売却だと、これらが全て銀行任せになってしまいます。
銀行には、返済してくれないものを売却する権利があるからこういう形式になりますが、気になる売却代金ですが、一般売却と圧倒的な違いが出ることはあまりないでしょう。
また任意売却と似たものに競売というものがありますが、これは裁判所に手数料を払って面倒な手続きをしたあげく、安値で買いたたかれるのが通常なのです。
そんな事態を避け、回収金を多くするためにも、任意売却はなくてはならない制度になっているのです。
売却価格より残債務が多い任意売却は、債権者側と交渉及び法務処理など専門的な知識と対応が必要な為、任意売却を専門とした会社の対応が必要となります。
任意売却と一般売却

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ