トップ >任意売却についてのコラム >親子間の任意売却とは?
親子間の任意売却とは?

任意売却をしても住み続けるには

通常任意売却をするとなると、その後住み続けることは厳しいでしょう。
ですが何とかして引き続き住みたい…と思っても、新しいオーナーがそれを許すとは到底思えないでしょう。
しかし親子間で任意売却をするとなると、自分の親か子どもが新しいオーナーとなるのですから、交渉次第では住み続けられるでしょう。
よくあるケースは親が子どもの不動産を買い取って、月々家賃を支払いながら住むというものです。
その後、子どもにまとまった資金が出来ると買い戻すこともできます。

親子間の任意売却での問題点

これは親子間だからこそできると言えますが、問題もあります。
もし任意売却で親が子どもの物件を購入するという場合、一括で購入できる資金があれば問題ありませんが、そうでなければ借りるしかありません。
ですが親子間での任意売却となると、銀行で住宅ローンを組もうと思ってもなかなか認めてくれません。
そこで一旦不動産を第三者の名義にして、その後に身内の方(当初目的の方)へ所有権移転をする方法もあります。
そうした手続きを踏むことで親子や兄弟間の売買が可能となります。
もし交渉をして認めてもらえたとしても、一定の条件が出されるケースもあります。
一般的な銀行でなければ(ノンバンク)、ローンが組めるかもしれませんが、金利負担も増えてしまいます。
親子間の任意売却での問題点

それでも任意売却を親子間でするためには

「資金に余裕がなくて借り入れをしないと親子間で不動産を購入できそうにない…」というケースでもなんとかなる場合もあります。
任意売却の専門業者に頼れば、何かのよいアドバイスをくれたり、良心的なローン先を紹介してくれることもあるでしょう。
引き続き住み続けたいという場合は親子間ではなく、親せきに頼るのもひとつのやり方です。
親子とは異なり、親戚となると非常に頼みにくいとは思いますが、他に方法が見当たらないのであれば、それも検討してみる価値はあります。
親子間or親戚に依頼するとなっても資金に余裕がないと無理な話ですので、多少金利が高くても上記したノンバンクでローンを組むことになるかもしれないでしょう。
今まで住み続けていた家に住み続けたいがために他人に迷惑をかけるのであれば、手放してみるというのも一つの方法かもしれません。
それでも任意売却を親子間でするためには
マイナスな面もいくつか書きましたが、せっかく購入したご自分の不動産を手放さなくてもよいうえに、親子間で同意ができていれば住み続けることもできます。
購入資金の問題が解決すれば、親子間の任意売却は非常に賢明な方法かと思います。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ