トップ >任意売却についてのコラム >共有名義の物件の任意売却について
共有名義の物件の任意売却について

夫婦の共有名義になっている物件は少なくない

夫婦の共有名義になっている物件は少なくない 不安定な社会情勢から、現在の収入がそのまま何十年も続くとは限りません。
リストラや会社の倒産によって、いつ仕事を失うか、結局は誰にも分からないのです。
また新しい仕事を探せば良いだけの話かもしれませんが、現在住宅ローンを借り入れている場合は話が別でしょう。
返済できないと物件が競売に掛けられる可能性もあるため、滞納は避けなければいけません。
そのような事態を回避するための方法の一つが任意売却です。
ただ、物件が夫婦の共有名義になっているケースもあり、事情が少々複雑になってしまう場合もあるのです。
通常の任意売却は難しくありませんが、夫婦の共有名義の場合は事情が異なります。
まず最初にやるべきことは、しっかり夫婦で話し合い、任意売却すべきかどうか話し合うことです。

共有名義の物件を任意売却するには

物件を夫婦の共有名義にする方は意外と多くいます。
例えば夫が何らかの事情でローンを組めず妻の名義で借り入れた場合です。
他にも夫婦で頭金を等分した場合、話し合って共有名義にした場合など、様々な事情で共有しているケースがあります。
もし夫婦で共有名義になっている物件を任意売却したい場合、まず夫婦の同意が必要になります。
お互いが話し合って解決できれば問題ありませんが、離婚などで連絡を取っていない場合は注意が必要です。
夫婦の同意以外にも、書類への署名が必要になっています。
共有名義の物件を任意売却するためには、それを証明しなくてはいけませんので、同意と署名、そして捺印が必須なのです。
印鑑証明書も用意しないといけませんが、まずは話し合って問題解決することが先決でしょう。
話し合い無く勝手に任意売却することはできませんし、勝手に書類をねつ造ないし同意したと偽証したら、罪に問われる可能性もあります。
このため、話し合って円満に解決し、任意売却までこぎ着けることが重要です。 共有名義の物件を任意売却するには 任意売却ではなく、もし共有名義の物件が競売に掛けられると、相手に大きな迷惑が掛かります。
特に連帯保証人になっているケースではデメリットが大きく、話をしていないと裁判で賠償を求められるおそれもあります。
ローンの返済が難しくなったら、なるべく任意売却の方向で話を進めていくのが良いでしょう。
お互いが納得できるような形で決着をつけることが重要です。

 

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ