トップ >任意売却についてのコラム >任意倍売却と競売の違いについて
任意倍売却と競売の違いについて

競売することになると…

今まで住んでいた大切な家を手放さざるを得ない事態がくるかもしれません。
多くの場合は住宅ローンの支払いが滞ることによるものでしょうが、
売却しなくてはいけないのはとても悲しいことです、
もし自宅を売却する際に任意売却ではなく競売を選ぶと、
手続きは多少楽かもしれません。
任意売却の場合はやるべきことは意外とたくさんあるかもしれません。
双方ともメリットもあればデメリットもあるというのが現状です。
それでは実際、競売には任意売却と比較して、どんな違いがあるのでしょうか。

競売と任意売却の違いについて

任意売却を選択する人もいれば競売を選ぶ人もいます。
どちらにするか選ぶ際には、競売と任意売却を比べる必要があります。
まず競売を選ぶメリットについては、やるべきことがあまりないということです。
任意売却をすると煩雑な作業もするでしょうが、競売の場合は少し楽になります。
ただ売却後には立ち退きの必要もありますし、そういった作業などは必要です。
そして競売だと、売却価格が安くなる傾向にあるということです。
やはりこういった際には1円でもたくさん欲しいというのが本音でしょう。
任意売却だと競売よりも高い価格で売却できると考えてよいです。
他には、競売物件になるとそれについての情報が一般公開されます。
あまりこういう情報をチェックする人はいませんが、バレる可能性はあります。
任意売却だと、引っ越すから売却したのかな?と近所から思われるだけでしょう。
そして任意売却で売却した場合は、
継続してその家で暮らせる可能性もありますが、競売の場合は無理でしょう。
これはデメリットというよりも、任意売却のメリットになります。
それに競売は、どうしても聞こえが悪いイメージも持ちあわせており、
周囲にバレることで子どもにも影響を及ぼす可能性すらあります。
このような違いがありますが、正直なところ競売にはあまりメリットはなさそうです。
任意売却や競売について、一般人はほとんど知識を持ち合わせていません。
いざという時に勉強するよりもあらかじめ知識をつけておくと良いでしょう。
そして何より大事なのは、任意売却や競売に強い、
安心してお願いできる業者を把握するということでしょう。
競売と任意売却を比べると、任意売却の方が人気がありそうです。

 

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ