トップ >任意売却についてのコラム >任意売却のメリット・デメリット
 

自宅を手放す人が増えている?任意売却をする人もいる

ローンを組んで一軒家を建てたり、建売住宅を購入したり、
マンションの部屋を購入したりして、長期間お金を返済している人がいます。
ただリストラにあったりして返済が困難になるケースも多々あります。
どうしても家を手放すしかなくなった場合、方法は2つあります。

まずは競売です。
競売物件はほとんどの場合一般人ではなく業者が入札します。
詳しい情報を、入札する人が知ることはできませんから、必然的に売却価格が安くなってしまいます。
大体市場の価格の70%程の価格で購入されるそうです。
ですからメリット以上にデメリットの方が大きい気もします。


それに比べて任意売却は、
競売での方法と違い普通に売却できるため比較的高い値段で売れる場合があります。
一般的には競売で売る際よりも魅力的な価格となります。
任意売却には価格的なメリットもあるわけです。
住宅ローンの重荷に耐えられなくなりどうしても売却せざるを得ない人や、
離婚を機に必要なくなるので売却を検討している人など、
それぞれが様々な理由を抱えています。

任意売却をするメリットとデメリットについて

理由があって任意売却をする人もいますが、任意売却にはどういったメリットがあるのでしょうか?
まず上でも書きましたが、一般的な市場の価格に近い価格で販売できるでしょう。
どうしてもお金が欲しいときにはとても助かるでしょう。
そして競売で販売するとどうしても他人に競売にかけられるという情報が知らされますが、
任意売却だと一般的な売買方法のため、ただ売りに出しているとしか周りには思われません。
見栄などを気にする人でもこれなら安心です。
そして最大のメリットがケースによっては、引き続き住み続けることができるという点です。
家賃の支払いを行う必要はあるでしょうが、引っ越ししなくていいのは嬉しいです。
逆にデメリットもあるので紹介します。
連帯保証人などがいる場合には、その人たちに話をして了承してもらう必要があります。
他のデメリットは、信頼できる業者がどれなのか判断するのが難しいことでしょう。
良い業者もいますが、そうでない業者もたくさんいます。
こういったデメリットもありますが、やはり競売よりも任意売却の方が圧倒的に有利でしょうし、
様々な面から見ても魅力を感じます。

 

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ